子育て

【ベビーカー&チャイルドシートの汗蒸れ対策】保冷シートで背中ひんやりな便利グッズ

ぺん太

夏のおでかけも背中がひんやりすると快適です。

最近夏は昔と比べてものすごく暑いです。

私が住む名古屋は全国的にみても気温が高い地方で、天気予報を見ていると沖縄よりも暑かったりします!(-_-;)

そんな大人でも汗だくになるようなつらい夏ですから、自分で調節のできない子どもはもっと大変です。

汗蒸れで不機嫌になったり、放っておくと汗疹の原因にもなります。

またアスファルトに近い真夏のベビーカーの危険性などはニュースや子ども雑誌などでもよく取り上げられていますね。

そんな夏場の体温を調整や熱中症リスクの低下に役立つアイテムをご紹介します。

DORAKO「専用保冷ジェル付き 保冷シート」

created by Rinker
¥3,630 (2024/06/25 00:38:58時点 楽天市場調べ-詳細)

こちらは専用のケースに凍らせた保冷剤を入れて、子どもに背負わせたりベビーカーやチャイルドシートに取り付けることで背中から体を冷やすアイテムです。

子どもは体が小さいので背中を冷やすだけでかなり全身の温度上昇を抑えることができます。

うちの子どもも保冷パッドを付けてお出かけした時は、汗の量があきらかに違ってきます。

とくに夏の車内に放置されたチャイルドシートや地面からの熱を受けるチャイルドシートの背中に取り付けるだけですごく快適になります。

保冷シートの良い所

専用の保冷ジェルが使いやすい

購入した際に専用の保冷ジェルが大1個と小2個の合計3個付いてきて、本体にはポケットが3つ開いています。

全部まとめて使っても良いですが、大1個だけや小2個でも十分に冷えるので片方を保冷バックに入れておけば行きと帰りの往復で使う事ができます。

保冷時間も1時間くらいは冷たいままなので余程の遠出でなければ十分だと思います。

また保冷ジェルはカチカチに固まるタイプではなくシャーベットのように柔らかいので椅子と背中の間にあっても痛くならないようになっています。

また赤ちゃんの背中に当てる面は厚手の生地になっているので、冷たくなりすぎないように配慮もされています。

丸洗いできる

保冷しているとはいってもこの暑さですから汗はかきます。

カバーも当然汚れますが保冷ジェルとカバーは別々に分かれるので丸ごと洗濯機で洗う事が出来て常に衛生的です。

デザインが可愛い

カラーリングやデザインの組み合わせも豊富で男の子と女の子どちらにもピッタリです。

本体の上に出た動物風のお耳もワンポイントで可愛いです。

まとめ

我が家では本当に危険な暑さの中でお出かけする時は必ず持っていくようにしています。

少しの出費で熱中症のリスクを下げることができ、かつオシャレなアイテムなので暑い日が続く夏のお出かけにぜひお試ししてほしいグッズです。

created by Rinker
¥3,630 (2024/06/25 00:38:58時点 楽天市場調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA